9月のカレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最近のコメント

各月の日記

カテゴリ一覧

Limの日記

全員に公開(未登録会員含む)

2010年
09月10日
22:14

ワラゲ砲術・効果的な配置

今回は、複数の大砲を効率よく運用する方法を述べたいと思います。

・集中配置のすすめ
大砲は一箇所にまとめて設置するのと、距離を置いてばらばらに設置するのと、どちらがよいでしょうか。
大砲は一定範囲内に最初に入った敵をターゲットします。
大砲と大砲の距離が離れている場合、敵の集団が接近してきた場合にそれぞれの大砲が別々の敵をターゲットしてしまう可能性があります。
タゲがばらければ敵を倒すことができないかもしれません。
敵の集団にはほぼ確実にヒーラーが含まれているので、砲撃で与えたダメージは即座に回復され、簡単に突破されてしまうでしょう。
一方、大砲を1箇所にまとめて設置しておけば、複数の敵が来ても最初に範囲に入った敵にすべての砲撃を集中させて一瞬で葬ることができます。
よって、確実に敵の数を減らすには、大砲をまとめて設置するのがよいということになります。

・5門ないし6門の集中が最適
設置する大砲の数が4門以下では、敵集団に決定打を与えることができません。
一発の砲撃で敵に与えるダメージが75であれば、1人の敵に4門の大砲から同時に砲火を浴びせてもダメージは300ですが、これでは敵を仕留めることができません。
大砲で敵に有効な打撃を与えるためには、少なくとも5門の大砲を設置する必要があります。
ただし、敵の装甲が厚い場合は砲撃によるダメージが70を下回ってしまう場合があり、5発の砲撃が命中してもダメージは350以下となるので倒せないことがあります。
万全を期するなら6門設置すると良いでしょう(それでも回避が発生した場合は倒せないことがあります)。
しかし、7門以上を1箇所にまとめて設置するのはお勧めできません。
砲撃によって敵が死んだ場合はそれ以上の砲弾を同じ敵に撃ち込んでもミスザマークになってしまいます。
6門からの砲撃が当たれば大抵の敵は死ぬので、7門以上の大砲が同じ敵をターゲットするのは効率が悪いということになります。
7門目以降はタゲがばらけるように少し離して設置しましょう。
ちなみに、運悪く大砲が装甲の薄い敵をターゲットにしてしまった場合、3発目くらいで敵が死んでしまうので、4発目以降がミスザマークとなり、爆風による範囲ダメージも3発分だけになってしまいます。

・集中と分散を組み合わせて弱点をカバー
大砲にはさまざまな弱点があります。
大砲にロットンをかけると装填済みの砲弾を無効化できます。
また、召還コウモリやパンツマンなどをぶつけて無駄撃ち→弾切れを誘発することもできます。
大砲を一箇所にまとめて配置すると、タゲを集中しやすくなる反面、これらの方法でまとめて無力化されてしまう危険があります。
一方、大砲を分散して配置した場合は1門が無力化されても他の大砲には影響が出ません。
そこで、集中と分散を組み合わせて互いの欠点を補い合った配置を考えることができます。
SSを参照してください。
まず決定力となる5門を配置し、その前方には1門ずつ距離をとった配置にして、敵の召還ペットやロットン使いが容易に近づけないようにしてあります。
もし先頭の大砲が無力化されても1門ならすぐに再装填できるので、時間を稼ぎやすくなります。
さらに、敵が接近したときに大砲が発光するので、曲がり角の向こう側の敵を感知して警戒しやすくなるという効果もあります。
  • 大砲

いいね!



■Master of Epic 公式■


■MOE WIKI■



moexi」は、「SNS作成サービス!そーしゃるぱーく(無料)」で作成された、PC(パソコン)・FP(フィーチャーフォン※ガラケー)・SP(スマートフォン)・TB(タブレット)対応のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。
広告等のお問い合わせは「各種お問い合わせ」までお願い致します。